Category Archives: 未分類

事前の相談は重要

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

会社を倒産させ、多大の負債を抱えることになるなど、返済が不可能な借金を負ってしまった場合は、自己破産を行うことにより、返済の義務を無くすことができます。これにより返済を続けることはなくなりますが、そのためには手元の財産のほとんどを失う必要があり、長くて10年間はローンを組めなくなるなど、非常に多くの弊害が発生します。さらに債務の内容によっては、自己破産が認められないケースもあるので、本当に自己破産を行えるのか、事前に専門家に相談しておきましょう。

自己破産も債務整理の一つといわれているので、事前の相談は専門の弁護士が在籍する法律事務所で行うことに成ります。自己破産を行う際は、手元の財産をほとんど失うことになるので、今後の生活を考えると、なるべくなら他の方法で債務を減らせるよう配慮する弁護士が多いといいます。個人で作る借金の場合は、自己破産が認められないこともあるので、そうした事態に陥った際の付き添いとしても、専門家のサポートは重要です。うまく他の方法で債務整理を行えれば、わざわざ財産を失わなくても、普段と変わらない生活を送れるかもしれません。

自己破産が必要になるような借金を負うことになった場合、ほとんどは個人で状況を改善するのは困難となっていることが多いです。とはいえ免責が認められないこともありますし、自己破産が成立した後の生活についても、家計の見直しから始めなければなりません。そうした後のことを考えるためにも、事前の相談は欠かせません。法律事務所の多くは無料相談を受け付けているので、早めに相談して、自己破産を行うかどうか相談してみてはいかがでしょうか。

推奨リンク>>債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

自己破産は最後の手段?

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

多額の借金を背負うことになり、返済仕様がなくなったときは、財産を全て放棄することで、債務の支払い義務を放棄することが出来ます。いわゆる自己破産と呼ばれる債務整理は、債務こそなくなりますが、その分財産の多くが手元から離れてしまいます。例えば家やマンションを所有している場合は、建物を手放さなければならなかったり、預金なども生活に最低限必要な額しか得ることが出来なくなるので、その後の生活も考慮しておかないと、いざ自己破産をしたときに苦労することになるでしょう。

自己破産を行うためには、裁判所への手続きなどが必要になるほか、裁判所に支払い能力がないことを認められる必要があるので、事前に弁護士などを介して手続きを進める必要があります。個人で行うことはほとんどありませんが、土地や住居の権利などは、後々手放す必要が出てくるので、事前に必要な書類などは集めておいたほうが良いでしょう。その他必要なものがあるかは、事前に弁護士に確認しながら、少しずつ準備を進めていってください。

一見すると自己破産をすれば、全ての債務をなかったことに出来そうに見えますが、実際には手元の一定以上の価値を持つ財産を全て失うことになりますし、今後5年から10年は借り入れが出来なくなりますし、自己破産を行った情報が官報に掲載されるなど、非常に多くのデメリットを抱えることになるので、本当に自己破産を行う際は、それ以外の方法がどうしても思いつかなかったときの、最後の手段として利用してください。

借金返済が難しいときは

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

借金返済が確実に行えればそれに越したことはありませんが、時には返済額に対して収入がほとんどなかったり、返済できるだけの財産がほとんど残されていない場合、自己破産を行うことで、債務の支払い義務を無くすことが出来ます。文字通り支払いの必要が無くなるので、借金返済の負担は間違いなくなくなりますが、それと同時に様々なリスクを背負うことになるので、基本的には推奨されていません。法律事務所に相談する際も、自己破産についてはなるべくなら行わないように話を進めることが多いです。

自己破産を行った場合、返済費用に充てるために、手元の財産を手放す必要があります。例えば不動産だったり、車だったりと、財産として認められるものに対しては、大半が差し押さえが適用されるので、これからの生活は決して楽なものにはならないでしょう。一応生活に必要な財産については、ある程度所有することが認められていますが、それにも限度があるので、今後の生活のことも考えると、下手に自己破産を決断するのは避けたほうが良いでしょう。

自己破産で債務を帳消ししようとしても、そもそも裁判所への手続きが必要など、準備すべきことはたくさんあるので、事前に債務トラブルに強い法律事務所に相談してみましょう。基本的には他の方法を推奨する法律事務所のほうが多く、あくまで自己破産は他に手がなくなったときに使うものという認識を持ったほうが良いでしょう。仮に自己破産を行ったとしても、その後の生活の負担は決して無視できるものではないので、事前に弁護士に相談して、どう行動するべきか確認してください。